【歩く妄想兵】 アサイの日記



日本対アルゼンチン

日本代表アルゼンチン戦
日本が先制した後から見ました。
素人目に見た印象をつらつら書きます。
単純に好きなだけなので、今度お会いしたときの話のネタに。タネに。
「あそこはああだと思うよ」とか教えていただけると嬉しいです。

さて、
ジャブラニは継続使用なんですね。

日本、戦い方はワールドカップから継続。なんとなく2ラインで低い守備ブロック。狭いスペースも執拗についてくるアルゼンチン相手では正解でしょうね。

日本。
パス精度が悪い、というか勝負パスがキツい体勢or出し手と受け手の関係がキツい状態でパスを出していた。

本田にボールがおさまらない。まあこれはアルゼンチン相手では仕方のないことかもしれない。
やっぱり南米は球際強いです。

トップが下がりすぎないことで、アルゼンチンのディフェンスと中盤の間にスペースを空けることに成功した日本は、そこをカウンターの起点にして攻撃。

1ー0になってからだったからか、カウンター時に人数は割かなくなっていた。
追加点を狙うんであれば、中盤かサイドバックがボールを受けに早めの飛び出しを見せてもよかったけど、
アルゼンチンのスペース満載カウンターはハンパないだろうからか、少しおとなしめであった。
スピードにのった状態で2〜3人の仕掛けができれば、という感じ。
でもそれって凄く難しい。必殺のスルーパスか大きなサイドチェンジで局面を変えるパサーがいれば、、

アルゼンチンはサイドをえぐる攻撃がないように見えた。
前線は中に絞るし。
サイドバックは、センターバックもできるマルチなディフェンダーがやっていたためか、位置取りが中途半端。

マスチェやカンビアッソも散らすには一苦労だったのでは。
結局メッシとメッシを使おうとするテベスがなんとかしようとする。
メッシは突破もメイクもできるのでやはりすごい。
本調子じゃないのかもしれないけど。

そんなこんなで両者が決め手を欠き、終了。


日本はワールドカップで自信をつけたのか、試合巧者っぽくゲームを進められた印象。ぽく。
縦のスピード、は足りない部分だったので、ザックさん期待してます。
新センターバックコンビは収穫でした。


ほんとにつらつら書いちゃった。
読みづらいと思いますがご勘弁を。
[PR]
by moku-as | 2010-10-18 16:39
<< 足元 刺激てき >>


ベースを弾いております。ソコラノグループ、S&The NIKOLEKIDMEN、アンニュイギャルソンズ、アフロウズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30